【officeで使えるAIがすごい】Copilot Proの概要と利用条件を徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
colipot proの解説
あかのん

こんにちは。運営者のあかのん(@HAcademianote)です。

Microsoft からWordやExcel、PowerPointなどのMicrosoft 365アプリ上で働くAI”Copilot Pro”が発表されました。

デスクワークの方ならインフラのように日常的に利用するMicrosoftに、最先端のAIが搭載されるとあれば、ものすごく作業効率がアップすること間違いありません。

ただCopilot Proを利用するためには条件があり、Microsoft 365のサブスクに加入していることが必要なんです。

今回はCopilot Proの概要に合わせて、利用条件や利用料金なども詳しく説明してきます。

クリックで移動

Microsoft Copilot Proについて

Copilot Proの主な機能

Copilot はChatGPTと同じ生成AIです。

生成AI(Generative AI)とは、コンピュータが学習したデータを元に、新しいデータや情報をアウトプットする技術です。

画像、文章、音声、プログラムコード、構造化データなどさまざまなコンテンツを生成することができます。

ChatGPTもCopilotも課金することでより多くの機能が使えるようになります。

イメージが掴みやすいようにChatGPT plusとCopilot Proを比較しながら説明してきます。

2014年1月現時点

AIモデル

AIモデルはChatGPT plusと同じGPT-4/GPT-4turboです。ピーク時にGPT-4およびGPT-4 Turboへ優先アクセスできます。

Web検索

AIが回答を作成する際にWEBから検索した内容を反映できる機能です。両者とも利用できます。

GPT作成やCode interpreter

ChatGPT plusで便利に使われているこれらの機能ですが、Copilot Proにおいてはこれから実装予定です。

AI画像の作成

DALL-E 3でAI画像の作成ができます。Colipot Proでは一度に4枚生成してくれます。

Copilot ProとMicrosoft 365アプリ

Microsoft 365で働くCopilot Pro

Copilotで最も注目すべきMicrosoft365アプリ内での働きについて解説してきます。

Web、Windows、macOS、iPadOSで利用できます。

WordのCopilot Pro

WordのCopilot Proは、下書きを生成し、要約し、コンテンツを書き直すのに役立ちます。

  • 文章の下書き・書き換え
  • 文章を自動でテーブル化
  • サイドエリアでcopilotとチャット
  • 文章を要約・文書への質問
あかのん

ChatGPTに書いてもらった文章をWordにコピペするという作業がなくなりますよ

PowerPointのCopilot Pro

PowerPointのCopilot Proは、アウトラインの生成、スライドのデザイン、完璧なストーリーのコンテンツの整理に役立ちます。

  • トピックからプレゼンの下書き作成
  • Wordからプレゼンの下書き作成
  • スライドの整理・再構築
  • 画像などの自動挿入

現在のところはまだ作成されたプレゼンの評判は低そうです。

ただ、利用する側もプロンプトの精度を上げていく必要がありそうですね。

ExcelのCopilot Pro

ExcelのCopilot Proは、数式の生成、データの分析と集計、スプレッドシートへの役立つビジュアルの追加に役立ちます。

現在のところ英語での対応のみですが、今後とても便利に使えそうな機能ばかりです!

  • 数式やチャートを作成
  • その他,様々な処理(例「上位10位を太字に」など)
  • 大規模データからインサイトを視覚化
  • データのレビュー、フィルタリング、フォーマット、並べ替えなど
あかのん

普段からExcelを使ってデータ処理や解析を日常的に行っている方には本当に便利になる予感です!

OutlookのCopilot Pro

OutlookのCopilot Proは、長いスレッドを要約し、推奨される返信を提供し、適切なトーンでメールを下書きするのに役立ちます。

  • メール本文の作成
  • 受信メールの要約
  • 返信メールの下書きを提案
あかのん

主に文章生成が目的となるWordとOutlookでは、発表直後から「これは便利」という高評価が多いです

Copilot ProをMicrosoft 365ので利用するための条件

Word、Excel、PowerPoint、OneNote、OutlookなどのアプリでCopilot を利用するためには、Microsoft 365サブスクリプションに加入する必要があります。

Microsoft 365サブスクリプションには

  • 個人向けプラン
  • 一般法人向けプラン
  • 大企業向けプラン

があるのでそれぞれ説明してきます。

個人向けプラン

個人の場合、Copilot Proの機能をMicrosoft 365の中で使用するには、Microsoft 365 PersonalまたはFamilyのライセンスが必要です。

つまり買い切り型ではなく、サブスクしてねってことですね。

サブスクにするメリットは①インストールできる台数が増える、②クラウドストレージが一人1TB割り当てられる、③セキュリティ強化、④常に最新バージョンのアプリを利用できる点です。

あかのん

日常的に利用する方は、さまざまな点で買い切りよりサブスクが断然おすすめ

個人向けサブスクの種類

スクロールできます
Microsoft 365 PersonalMicrosoft 365 Family
Microsoft 365 personalMicrosoft 365 Family
月額プラン¥1,490¥2,100
年額プラン¥14,900¥21,000
ユーザー数1名1~6名
ストレージ1TB6TB
(1ユーザーあたり最大1TB)
機能(公式より)デスクトップ版とモバイル版のMicrosoft 365アプリ
1TBのクラウドストレージ
データ・デバイスのセキュリティ
広告なしの安全なメール
Microsoft 365 Personalの全ての機能に加えて
最大6人のユーザーが利用できる

Copilot Proを使いたい場合は、Microsoft 365のサブスクリプション料に加えて、月額3200円が必要です。

<利用料金の例>

(月額)PersonalFamily
(6ユーザーで利用した場合)
Microsoft 365 サブスク
1242円
(14900円(年額)/12か月)
292円
(21000円(年額)/12か月/6名)
Copilot Pro
3200円3200円
合計4442円3492円
あかのん

Family プランはサブスク代がかなりお得になります。お金のやり取りなどは面倒かもしれませんが、信頼できる友人同士で決まった期間シェアしてみては(ちなみに、家族でないとダメという規約はありませんのでご安心を!)

サブスクリプションにすでに契約している方はぜひCopilot Proを試してみましょう。

Copilot Proは7日間のトライアル期間が設けられており、期限内であればキャンセル&返金できるそうです。

まだMicrosoft 365のサブスクを契約していない方は、次から説明するお得にサブスクを契約する方法を必見です。

Microsoft 365 Personalをお得に購入する方法

Microsoft 365 Personalをお得に契約するなら、公式のHPよりAmazonです。

1年版15か月版
¥13,410
(公式より1490円安い)
実質¥13,481
(公式より5144円安い)
Amazon公式HPへAmazon公式HPへ
15か月版¥16,931から対象商品(PC、Tablet、PCソフトウェア、PCアクセサリなど)と同時購入することで購入合計金額から3,450円OFF
詳しくは特設会場
2024年1月現時点

<Personalを購入する場合の料金比較>

(月額)公式Amazon1年版Amazon15か月版
Microsoft 365 サブスク
1242円
(14900円(年額)/12か月)
1118円
(13410(年額)/12か月)
899円
(13481円(15か月)/15か月)
Copilot Pro
3200円3200円3200円
合計4442円4318円4099円
あかのん

月400円ほどお得になる!

Microsoft 365 Familyをお得に購入

1年版15か月版
¥18,900
(公式より2100円安い)
実質¥18,976
(公式より7274円安い)
Amazon公式HPへAmazon公式HPへ
15か月版¥23,846から対象商品(PC、Tablet、PCソフトウェア、PCアクセサリなど)と同時購入することで購入合計金額から¥4,888円OFF
詳しくは特設会場
2024年1月現時点

<Familyを購入する場合の料金比較>すべて6ユーザーで利用したものとします

(月額)公式Amazon1年版Amazon15か月版
Microsoft 365 サブスク
292円
(21000円(年額)/12か月/6名)
263円
(18900(年額)/12か月/6名)
211円
(18976円(15か月)/15か月/6名)
Copilot Pro
3200円3200円3200円
合計3492円3463円3410
あかのん

Microsoft 365のサブスクが月額211円って!
こんなに機能あるのに…
汗が出るレベルで安い!

日常的にお得なAmazonですが、ブラックフライデーなどではさらに割引されています。

一般法人向けプラン

あかのん

法人向けプランでCopilotを利用する場合はCopilot ProではなくCopilot for Microsoft 365となります。個人的にCopilot Proを契約しても連携できませんのでご注意ください。

一般法人および中小企業の場合、Copilot for Microsoft 365を使用するには、Microsoft 365 Business StandardまたはBusiness Premiumのライセンスが必要です。最大300名まで契約できます。

スクロールできます
Microsoft 365 Business BasicMicrosoft 365 Business StandardMicrosoft 365 Business PremiumMicrosoft 365 Apps for business
Copilot Pro追加できない追加できる追加できる追加できない
月額¥750
ユーザー/月
¥1,560
ユーザー/月
¥2,750
ユーザー/月
¥1,030
ユーザー/月
機能(公式より)Web版とモバイル版のWord、Excel、PowerPoint、Outlook、
Teamsでのチャット、通話、ビデオ会議
最大300人の従業員のID、アクセス、ユーザー管理、法人メール
1TBのクラウドストレージ
Business Basicの全ての機能に加えて、デスクトップ版のWord、Excel、PowerPoint、Outlook
ウェビナー機能
新機能のLoopとClipchamp
Business Standardの全ての機能に加えて、
高度なIDおよびアクセス管理
ウイルスやフィッシング攻撃に対する強力なサイバー脅威対策
エンタープライズグレードのデバイスおよびエンドポイント保護
機密情報の検出、分類、保護
デスクトップ版のWord、Excel、PowerPoint、Outlook
1TBのクラウドストレージ

Copilot Proを使いたい場合は、Microsoft 365のサブスクリプション料に加えて、月額3750円が必要です

大企業向けプラン

利用者が300名以上の大企業の場合、Copilot for Microsoft 365を使用するには、Microsoft 365 E3またはE5、またはOffice 365 E3またはE5のライセンスが必要です。

スクロールできます
Microsoft 365 E3Microsoft 365 E5Microsoft 365 F3
Copilot Pro追加できる追加できる追加できない
月額¥4,500
ユーザー/月
¥7,130
ユーザー/月
¥1,000
ユーザー/月
機能(公式より)デスクトップ版とモバイル版のMicrosoft 365アプリ、大企業向けのWindows、共有ワークスペース内でのチャット、会議、ファイル共有、1TBのクラウドストレージ、中核的なセキュリティとID管理の機能Microsoft 365 E3の内容すべてに加えて、高度なセキュリティとコンプライアンスの機能、Power BIでのスケーラブルなビジネス分析、電話会議 (出席者最大1,000人)Web 版とモバイル版の Microsoft 365 アプリ
標準のセキュリティ機能
コラボレーションと生産性のための中央ハブ
カスタム アプリでタスクとプロセスを自動化
スクロールできます
Microsoft 365 Apps for enterpriseOffice 365 E1Office 365 E3Office 365 E5
Copilot Pro追加できない追加できない追加できる追加できる
月額¥1,500
ユーザー/月
¥1,250
ユーザー/月
¥2,880
ユーザー/月
¥4,750
ユーザー/月
機能(公式より)Microsoft 365 on the web と、オンライン版の中核的な Microsoft 365 アプリでの作成/編集の権利
アプリを最大 5 台の PC、5 台のタブレット、5 台のモバイル デバイスにインストールできます
1 TB の OneDrive クラウド ストレージ
電話/Web サポートをいつでも利用可能
Microsoft 365 on the web と、オンライン版の中核的な Microsoft 365 アプリでの作成/編集の権利
メール、ファイルのストレージと共有、会議、インスタント メッセージ (IM)
1 TB の OneDrive クラウド ストレージ
電話会議 (出席者最大 1,000 人)
電話/Web サポートをいつでも利用可能
Office 365 E1の内容全てに加えて、
Microsoft 365 Appsをユーザー1人あたり最大5台のWindows PCまたはMac、5台のタブレット、5台のモバイルデバイスにインストールできます
メッセージの暗号化
権利の管理
メールとファイルのデータ損失防止
Office 365 E3の内容すべてに加えて、
高度なセキュリティとコンプライアンスの機能
通話コントロールと PBX の機能をクラウドで実現
Power BI でのスケーラブルなビジネス分析

Copilot Proを使いたい場合は、Microsoft 365のサブスクリプション料に加えて、月額3750円がかかります。

Copilot Proのキャンセルと返金ポリシー

サブスクリプションは、Microsoftアカウントでキャンセルされるまで継続され、毎月請求されます。

具体的なキャンセルと返金ポリシーについては、Microsoftの公式ウェブサイトで確認してください。

まとめ

今回はCopilot Proの概要と利用条件、利用料金などについて詳しくご説明しました!

あかのん

最後までお読みいただきありがとうございました。記事更新のお知らせはXやインスタでも行っています。ぜひフォローしてくださいね

Xはこちら→@HAcademianote
インスタはこちら→@academia_note

アカデミアノートからのおねがい

 下のボタンを使っていただければ、ワンクリックでSNSへ移動できます

記事のシェアやコメント、励みになります
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

クリックで移動