【現役研究者が解説】研究効率が劇的に変わる!2024年おすすめAIツール厳選7選

当ページのリンクには広告が含まれています。
論文検索から抄読に特化した論文AI
あかのん

こんにちは。運営者のあかのん(@HAcademianote)です。

最近ではさまざまなAIツールが登場しています。

この記事では研究者にむけて、論文検索から読解まで便利に使えるAIツール7選を詳しくご紹介しています。

あかのん

これらのAIツールをうまく使っていくことで、研究の高速化が実現するはずです!

今回ご紹介するツールは以下の7つです。

\気になるツールがあればクリックで移動/

クリックで移動

紹介するAIツール

論文検索~読解まで万能なAIツール

SciSpace

研究者の日常のパートナーとしておすすめ

SciSpaceは私が知る中で一番使い勝手が良いサービスです。

あかのん

私自身がヘビーユーザーです

検索~読解まですべての様々な機能が網羅されており、マルチな使い方ができます。

SciSpaceのトップ画面

基本的な機能4つ

  • 論文検索
  • PDFからデータを抽出
  • AIの論文読解サポート
  • パラフレイザー

SciSpaceのおすすめ機能①:論文検索のしやすさ

「Literature Review」タブで文献検索をした実際の画面
あかのん

検索結果の画面に考察や結論が書かれていて、論文を開かなくても中身がわかります。ものすごく時短ですね

ちなみに、SciSpaceの拡張機能をGoogle Chromeの検索エンジンに追加すると、SciSpaceのページを開くことなく、検索窓から直接検索ができます。

あかのん

閲覧ページを開いたまま分からない用語を検索したり、閲覧ページを要約したり、この機能はすごく便利!

SciSpaceのおすすめ機能②:PDFからデータを抽出

「Extract data from PDFs」タブでPDFからデータを抽出した実際の画面
あかのん

関連論文をまとめて把握するのに便利!!

昔はこの表をエクセルで自作していたんですよね…

SciSpaceのおすすめ機能③:AIの論文読解サポート

一番おすすめする利用場面は論文を読むときです。

論文の内容についてチャットで質問
あかのん

なんでも質問に答えてくれるし、言語も「日本語」が選択可能

質問の例:

  • 「この論文の新しい発見は?」
  • 「○○ってなに?」
  • 「他に参考文献は?」
  • 「(文章を選択して)この箇所を解説して」
選択箇所の翻訳や要約(実際の画面)

そしてSciSpaceの嬉しい機能のひとつは、数式や図表の解説ができることです。

論文内の数式や図表の解説(実際の画面)
あかのん

こんなことまでできるなんて…

ChatGPTなどPDFを解説してくれるAIツールは多々ありますが、SciSpaceの何が良いかって、論文を横目で読みながらチャットが出来る点ですね。

あかのん

画面操作も感覚的に使えて◎です。

今回の機能紹介では省きましたが、その他にも以下の機能が搭載されています。

  • パラフレイザー
  • AI Detector
  • PDFから論文紹介ムービーやスライドを自動生成

SciSpaceだけでなんでも揃っていますよ!

Scispaceについてもっとくわしく知りたい場合にはこちらの記事も読んでみてください。

SciSpaceの料金プラン

無料プラン全てのツールは利用できる
Copilotが低品質
回数制限あり
有料プラン(個人)プロモコード利用で月額7.2ドル
プロモコード:ACADEMIA
Copilotがグレードアップ
有料プラン(チーム)11人以上でチーム契約すると月額7ドル以下
Scispapcenの料金(個人の場合)
2024/5/1時点

制限付きですが、無料で利用可能です。

また、有料プランではColipotの品質が向上するのに加えて、質問回数や文献検索、パラフレイザーの利用回数が無制限になります。無料と有料でのColipotの品質の差は歴然です。

有料プランを検討している場合には、以下のプロモーションコードを使用すれば年間プランが40%OFFになります。

最安で契約できるプロモーションコード

  • 年額プラン”ACADEMIA”で40%OFF
  • 月額プラン”ACADEMIA20”で20%OFF
あかのん

年額プラン40%OFFの場合だと、月額7.2ドルで利用できます

\”ACADEMIA”入力で40%OFF/

Scispaceのまとめと補足

検索機能の特徴2 億件以上の論文のメタデータと5,000万件以上のオープンアクセスの全文 PDFへアクセス
疑問に対して信頼できる引用をもとにまとめ情報を提供
検索結果上に各論文へのinsightと論文の結論が提示されており、論文の内容を簡単に把握できる
読解機能の特徴SciSpace Copilotを利用して、論文の要約をさせたり、要点を聞いたり、選択範囲の説明をさせたりと、論文読解のサポート力に優れている
論文内の数式や表の解説機能もあり
日本語でのやり取りが可能
記事やPDFをSciSpaceのコレクションに保存でき、いつでも前回の続きを読むことができる
おすすめの利用場面論文検索から読解までマルチに対応できる

論文検索に便利なAIツール

Elicit

精度の高い論文検索をしたいときにおすすめ

Elicitは検索精度が高いと評判ですね。

あかのん

Keyとなる論文を見つけたいときに利用するのがおすすめの使い方です

Elicitのトップ画面
  • 論文検索
  • コンセプト分類
  • PDFからデータを抽出

Elicitのおすすめ機能①:精度の高い論文検索

Elicitで論文検索
あかのん

キーとなる論文を見つけたいときに活躍

Elicitのおすすめ機能②:コンセプト分類

list of conceptから検索すると、こんなこともできます。

Elicitでコンセプト検索
あかのん

この機能すごく良い!

上図では具体的に何をしたかというと…

Elicitのコンセプト検索の具体例

コンセプトごとに上位論文を引用したサマリーまで提示してくれます。

新しい分野を開拓しているとき、総説を執筆しているときなど、網羅的に情報を収集したい場面で非常に役立ちます。

あかのん

Elicitにしかない唯一無二の機能です

Elicitのおすすめ機能③:PDFからデータを抽出

Scispaceにもある機能ですが、このように複数の論文から要素を抽出して、リスト化することができます。

ElicitでPDFからデータを抽出
あかのん

関連論文を把握するのにすごく助かる!!

Elicitの料金プラン

Elicitの料金プラン
2024/5/1時点
あかのん

すごく使いやすいツールなのですが、基本的に有料プランになってしまうのが、辛いところ

トライアルは無料でできますので、気になる方は試してみてください。

Elicitのまとめと補足

検索機能の特徴検索精度に定評あり
検索結果の論文ごとに一文要約がつくため、検索目的に合致した論文かすばやく確認できる
フィルター機能で「研究タイプ」などを絞れる
上位4位論文からSummaryを提示してくれる
「list of concepts」タブで検索すると、ある事柄についてコンセプトごとに分けて文献を提示
利用場面正確に詳細な論文検索をしたいとき

Consensus

精度の高い論文検索をしたいときにおすすめ
先行研究の総意を知りたいときにおすすめ

Consensusは査読論文のみを扱うため、こちらのElicit同様に精度の高い論文検索をしたいときに有用です。

また、のちほど説明しますが、Consensus Meterが非常に便利。

Consensusのおすすめポイント①:精度の高い論文検索

まずは、トップ画面にてあなたの検索したいクエスチョンを入力します

Consensusのトップ画面

Consensusでは、おすすめの検索方法をこのように明示しています。

  • 事象間の関係について質問
    (例:「クレアチンは認知力を改善しますか?」)
  • 「はい/いいえ」で回答できる質問
    (例:「亜鉛のサプリメントでうつ病を改善できますか?」
  • ある事象の効果について質問
    (例:「移民の経済における影響は?」
あかのん

キーワードを羅列するわけではなく、このように質問をするとConsensusを効果的に利用できます

Consensusの検索結果画面は、ラベルなどが豊富で非常に見やすいのが特徴ですね。

Consensusの検索結果画面
あかのん

ラベルには以下のような種類があります

  • 研究の評価:「Rigorous Journal(厳格な研究)」「Very Rigorous Journal」
  • 引用数:「Highly Cited」
  • 研究デザイン「RCT」「Non-RCT Trial」「Case Report」など
  • 臨床研究か基礎研究か:「Animal Trial」など

Consensusのおすすめポイント②:結果を集計する機能(Consensus Meter)

Consensusの特徴と言えば、論文を要約する機能(Summary)と結果を集計する機能(Consensus Meter)です。

Yes/Noで答えられる質問を入力してみると、先行研究ではどのような見解の研究が存在するのか、Yes、No, Possiblyに分けて割合で示してくれます。

Consensus Meterの実際の画面
あかのん

主流になっている考え方を一発で把握できますね

こちらは画面左上のSynthesizeをONにすることで利用でき、無料プランでは回数制限があります。

Consensusの料金プラン

Consensusの料金プラン
2024/5/1時点

有料プランになると論文を要約する機能(Summary)と結果を集計する機能(Consensus Meter)が無制限で利用でき、ブックマークが使えるなど、とても便利に使えます。

学生の方は、プレミアムプランが40%OFFで利用できます。

Consensusのまとめと補足

検索機能の特徴科学に関するあらゆる分野の2億件を超える学術論文
データセットは毎月更新
検索対象が査読論文のみという信頼性
結果を集計する機能(Consensus Meter)があり、各分野の主流の見解が把握できる
利用場面正確に詳細な論文検索をしたいとき
ある疑問に対する主流の見解を把握したいとき

関連論文を検索したいときに便利なAIツール

Research Rabbit

関連論文を探したいときにおすすめ
ビジュアル化してくれる

Research Rabbitのおすすめポイント:関連論文をビジュアル化

まずはトップページから論文をアップロードします。

Zoteroと連携している点も好印象ですね

Research Rabbitのトップページ

元露文を中心に関連論文が視覚化されます

Research Rabbitの検索結果画面

気になる論文があれば、クリックすることで詳細がわかり、さらに深堀していくことができます

Research Rabbitの検索結果画面と解析方法(気になる論文を深堀する)

また、類似論文、参考文献、引用、著者などを絞って検索も可能

さらに、それらの関連論文を時系列に並べることもできます。

Research Rabbitの検索結果画面と解析方法(時系列にビジュアル化することもできる)
あかのん

引用漏れなどがないか確認したいときに便利ですね

そして、現在のところ完全無料で利用できます!

あかのん

こんなに便利なツールなのに無料だなんて有難いですね

無料提供を継続できるよう寄付を募っています(寄付はこちら)https://opencollective.com/researchrabbit

Research Rabbit のまとめと補足

検索機能の特徴ある論文における関連論文をネットワークグラフでわかりやすく可視化してくれる
類似論文、参考文献、引用、著者などの軸でそれぞれグラフを作成できる
時系列で表示することもできる
おすすめの論文を紹介してくれる
利用場面ある論文の関連論文を確認したいとき(別の検索エンジンでキーとなる論文を見つけてからReserch Rabbitで関連論文を確認する流れがおすすめ)
論文作成ののときに引用漏れがないか確認したいとき

Connected Papers

関連論文を探したいときにおすすめ
ビジュアル化してくれる

Connected papersのおすすめポイント:関連論文のビジュアル化

まずはトップページから論文をアップロード

Connected Papersのトップページと論文のアップロード方法

元論文を中心に、関連する論文を視覚化してくれます。

円の距離は関係の深さ、円の大きさは引用数の多さを表しています

Connected Papersの検索結果画面(関連する論文を可視化)

リスト化して詳細もみれます

Connected Papersの検索結果画面(リスト化して詳細も一目瞭然)
あかのん

Research Rabbitとよく似てるけど、操作性が良い印象

Connected papersの料金プラン

Connected papersの料金プラン
2024/5/1時点

2024/5の時点で744.5円。ちなみに2024年1月時点では年間プランで月額700円弱でした為替で変動しているようです。

料金は随時ご確認ください。

一か月5つのグラフ作成までは無料なので、ぜひ試しに使ってみてくださいね!

Connected papers のまとめと補足

検索機能の特徴ある論文における関連論文をネットワークグラフでわかりやすく可視化してくれる
円の距離は関連の強さ、サイズは引用件数の多さ、色は掲載年を示す
関連論文をリスト化し、ソートやフィルターをかけて必要な論文を見つけることができる
利用場面ある論文の関連論文を確認したいとき(別の検索エンジンでキーとなる論文を見つけてからConnected papaersで関連論文を確認するながれがおすすめ)
論文作成ののときに引用漏れがないか確認したいとき

【注意事項】狭いテーマや分野で検索をかけたいときにはResearch RabbitやConnected papersよりPubMedの「Similar articles」機能の方が適している場合もあります。お試しください!

調べ物にも便利な生成AI

perplexity

生成AIとして活躍
アカデミックモードで学術的な調べ物にも便利

perplexityのおすすめポイント:アカデミックモードで信頼性の高い調べ物ができる

perplexityの検索画面と検索方法の解説(アカデミックモードで検索)
あかのん

アカデミックモードにすることを忘れないで!

Perprexityの検索結果画面(サマリーと引用元の提示)
あかのん

何がぱっと疑問点が浮かんだときは、まずはPerplexityに聞いてみましょう

料金

Perprexityの料金プラン

アップグレートすることでより品質の高いAIモデルを利用できます

Perplexity のまとめと補足

検索機能の特徴最新の情報に基づいて回答され、根拠となるソースも表示される
検索モードを「アカデミック」に絞ることで、研究者にとって正確な引用が期待できる
検索結果をURLで保存&共有できる
検索したいデータベースを指定できる(質問冒頭に[]で指定する)
おすすめの利用場面生成AIとして日常使い
思いついた疑問点を即座に確認したいとき

論文抄読に便利なAIツール

Scisummary

科学文献に特化した読解AI
論文の読解量を増やしたいときにおすすめ

Scisummaryのおすすめポイント①:科学論文に特化した要約

Scisummaryとは
あかのん

どの程度の要約が欲しいか選べるよ

  • モード(要約、一部要約、キーポイント、簡略化するなど)
  • 要約の長さ(長・中・短)
  • 言語

出来上がってきた内容はとても読みやすい。

Scisummaryのおすすめポイント②:ブラウザを介さなくて良い

これはかなり好印象なんですが、依頼した要約は自動的に登録したメールアドレスにも送られてきます。

また、読みたいPDFファイルをメールですることもできます。

あかのん

スマホで見てもとても見やすいです

あかのん

電車の中やちょっと隙間時間など、わざわざブラウザを使いたくない時にすごく便利

2024/5に図表まで要約してくれる機能が搭載されていたようです!後日追加機能についても解説します

Scisummaryの料金プラン

100万語プランで年額支払いを選択すると、月額3ドル弱で利用できます

あかのん

読むスピードは高速化するし、隙間時間を有効的に論文を読む時間にあてられる。時間のない研究者にはすごくおすすめのツール!

同様のPDF読み込みツールでChatPDFも有名ですが、Scisummaryの方が科学文献に特化している点で研究者向きです。

Scisummaryについてもっとくわしく知りたい場合はこちらへ

Scisummary のまとめと補足

読解機能の特徴科学文献に特化した要約ツールであるため要約の精度が高い
論文をアップロード(PDF、リンク、テキスト)し、全文要約やキーポイントの抜粋などモードを選択できる
利用内容は自動的にメールで送信
メールでのやり取りができる(メールでPDFファイルを送信→メールに要約等を返信)
おすすめの利用場面多くの論文を読む必要があるとき
ブラウザを使わずに論文読解サポートを利用したいとき

研究ツールの利用フロー

これらの研究ツールのおすすめの使い方は図の通り。

あかのん

適材適所で使うことを意識してくださいね

研究ハックを適材適所で使うためのフロー

AIツールを使うメリット

いろいろなツールを紹介しましたが、これらのツールを使うメリットをまとめていきましょう。

AIを用いた論文検索のメリット

AIを用いた論文検索でできること6選

①:キーワードが完全に一致していなくても、検索者の意図を汲んで論文を見つけてくれる

従来の文献検索サイトにありがちですが、同義語でもキーワードの選択が異なるだけで検索結果が異なることがあります。

例:CO2とcarbon dioxide

AIではこの同義語を理解して、検索者の意図を汲んだ適切な論文を見つけてくれます。

あかのん

いちいちキーワードを複数検索する手間がなくなりますね

②:疑問に対して論文を引用して解説してくれる

Perprexityの検索結果画面(サマリーと引用元の提示)
参考図はperplexityの検索画面

疑問に対して、主要な論文を引用して、AIが独自に回答してくれます。

③:検索で見つかった論文の要約などを提示してくれる

「Literature Review」タブで文献検索をした実際の画面
参考図はScispaceの検索結果の画面

わざわざ論文のアブストラクトを読まなくても、欲しい論文かそうでないかがすぐわかります。

あかのん

論文を読んでみて「なんか違う…違う文献探そう」っていうこと多いですよね

④:結果を集計してくれる

Consensus Meterの実際の画面
参考図はConsensusの検索結果の画面

※AIツール「Consensus」の独自の機能です

YesかNoで答えられる質問に対して、上位論文ではどのような見解が多いかをパーセンテージ示してくれます。

あかのん

どのような見解が世の中の主流になっているかが一目でわかりますよ!

⑤:複数の論文から要素を抽出し、並べて比較できる

ElicitでPDFからデータを抽出
参考図はElicitの画面

関連論文の内容を網羅的に比較したいときに非常に便利な機能です。

あかのん

この図を昔はエクセルで自作してたなぁ…。

⑥:関連論文を見つけ、関連性を視覚化してくれる

Research Rabbitの検索結果画面(関連する論文を可視化)
参考図はResearch Rabbitの画面

関連論文をみつけ、論文作成の際に参考文献に漏れがないかなどを確認できます。

あかのん

参考文献から芋づる式に論文を掘り起こしていた作業はなんだったんだ!!

AIを用いた論文読解でできること

①:内容を瞬時に要約してくれる

論文から欲しい情報を抽出する機能(Scispace)
参考図はScispaceの画面

分かりやすい日本語であっという間に要約してくれます。

②:チャット機能を用いて疑問点を解決できる

論文の内容についてチャットで質問
参考図はScispaceの画面

不明な用語や手法、考察の内容についてなど、さまざまな質問に対してチャットボットが答えてくれます。

あかのん

わからない英単語ひとつで論文から離脱していちいち調べていた時代はおわり

③:論文内の数式や図表について解説してくれる

論文内の数式や図表の解説(実際の画面)
参考図はScispaceの画面

※AIツール「Scispace」の独自の機能です

数式や図表を選択すれば、チャットボットが解説してくれます

最後に

今回は論文AIに関しておすすめツールをまとめました。

その他にも研究者・大学院生に超有用なツール32選をこちらの記事でまとめているので、お見逃しなく!

英会話スキルを上げたいならELSA speakが圧倒的コスパでおすすめ!

インスタでもまとめてます

こちらで紹介したツール以外にも大学院生・研究者におすすめのツール32選をインスタでまとめています

今回ご紹介したツール

論文検索~読解までマルチなAIツール

Scispace

  • 論文検索から読解までマルチな活躍が期待できるAIツール

論文検索に便利なAIツール

Elicit

  • 論文検索の精度には定評あり
  • 正確な論文検索をしたいときには頼もしいツール

Consensus

  • 検索対象は査読論文のみの信頼性
  • 結果の集計機能などがあり、各分野の流れを掴みたいときに有用

関連論文の検索に便利なAIツール

Research Rabbit

  • 関連論文をネットワークグラフで視覚化
  • 論文作成時の引用漏れなどを確認したいときや、新規分野を開拓したいときに有用

Connected papers

  • 関連論文をネットワークグラフで視覚化
  • 論文作成時の引用漏れなどを確認したいときや、新規分野を開拓したいときに有用

調べ物に便利なAIツール

Perplexity

  • 思いついた疑問を即座に解決したいときに便利

最新の情報に基づいて回答され、根拠となるソースも表示される

論文読解に便利なAIツール

Scisummary

  • 科学文献に特化したPDF読解ツール
  • メールベースで利用できるため隙間時間での利用が便利
あかのん

最先端のAIツールを有効活用することで研究の効率を上げていってくださいね!

記事更新などのお知らせや記事にしていない情報の発信はSNSでも行っています。よかったらフォローお待ちしています!

おすすめ記事

ピックアップバナー(AIで研究効率最大化)
ピックアップバナー(AIで英会話スキルアップ)
ピックアップバナー(研究計画書の成功の秘訣)
ピックアップバナー(博士支援)

アカデミアノートからのおねがい

 下のボタンを使っていただければ、ワンクリックでSNSへ移動できます

記事のシェアやコメント、励みになります
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

クリックで移動