現役研究者が解説!SciSpaceを使いこなすための徹底ガイド【最安クーポン情報あり】

当ページのリンクには広告が含まれています。
SciSpaceの解説記事のアイキャッチ画像
あかのん

こんにちは。運営者のあかのん(@HAcademianote)です。

この記事ではSciSpaceという研究者のサポートAIツールについて徹底解説しています。

SciSpaceは論文の検索から読解まで多彩な使い方のできるAIサービスで、研究者の日常的なパートナーとして非常におすすめ

SciSpaceのキャッチコピー

すでにSciSpaceの利用を検討している方には、有料プランが40%OFFになるプロモーションコードもありますので最後までぜひご覧ください。

クリックで移動

SciSpaceの多彩な機能

あかのん

早速、SciSpaceの多彩な機能の内容をみていきます

SciSpaceのトップ画面
あかのん

ひとつずつ説明してきます

文献検索の機能

まずは検索機能を使ってみましょう。

方法:スタートタブの「Literature Review」タブにて情報を検索

「Literature Review」タブで文献検索をした実際の画面

嬉しい機能

  • 引用付きサマリー提示
  • 各論文の考察と結果が一目でわかる

ご覧のようにScispaceでは、検索に対して引用つきのサマリーが提示され、さらにピックアップした論文の考察や結論なども分かりやすく表示されます。

あかのん

わざわざ論文を開かなくても中身がわかります。

検索対象は2億件以上の論文のメタデータを5000万件以上のオープンアクセスの全文PDFです。

この膨大な量の論文のなかから質問に最適な論文をピックアップし、さらにサマリーまでまとめてくれます。

右下にCopilotが控えているので、検索結果が不十分だった場合などは、こちらで再度条件を指定してみてください。

PDFからデータを抽出する機能

各論文のポイントをAIが自動的に抽出してくれます。この機能はかなり便利です!

方法:スタートタブの「Extract data from PDFs」タブに文献をアップロード(複数可)

「Extract data from PDFs」タブでPDFからデータを抽出した実際の画面

嬉しい機能

  • それぞれの論文のポイントを抽出
  • 抽出項目は選択式
  • 複数の論文を一覧で比較できる

要素は選択式で以下のような項目があります。

  • Conclusions(結論)
  • Summarized Abstract(アブストラクトのまとめ)
  • Results(結果)
  • Summarized Introduction(イントロダクションのまとめ)
  • Methods Used(方法)
  • Literature Survey
  • Limitations(研究の限界)
  • Contributions(結論)
  • Practical Implications(実際的な価値)
  • 自作の要素

この機能は関連論文の比較検討したい場合に非常に便利です!

あかのん

昔、私はこのような表をExcelで自作していましたね。
現代はAIで一撃!!

論文読解サポート機能

Scispaceのなかでも最も評判の良い機能が、論文読解サポート機能です。

まずは論文をアップロードします。

方法:スタートタブの「Read with AI Copilot」タブに文献をアップロード

「Read with AI Copilot」タブで文献抄読をするための実際の画面

論文を読むときのCopilotの嬉しい機能には以下のようなものがあります。

嬉しい機能

  • 論文から欲しい情報を抽出
  • 論文の内容についてチャットで質問
  • 選択箇所の翻訳や要約
  • 論文内の数式や図表の解説

ひとつずつ説明していきます。

あかのん

もちろん日本語でチャット可能なので、右上のLanguage選択で日本語設定にしてくださいね

論文から欲しい情報を抽出

論文をアップロードしてきたときにすぐ出てくるのがこの画面です

左に論文、右にチャットスペースがあります。

ここでは、欲しい情報がすぐ手に入るように、検索頻度の高い項目(結論や手法など)をワンクリックで選択できるように置いてくれてあります。

論文から欲しい情報を抽出する機能(Scispace)
  • Explain Abstract
  • Limitation
  • Literature survey
  • Conclusion
  • Related Papers
  • Summarise introduction
  • Method used

上記の項目であればワンクリックで情報を抽出できます。

あかのん

言語も「日本語」が選択可能

論文の内容についてチャットで質問

論文の内容についてチャットで質問

論文を読み進めながら、欲しい情報があればcopilotとチャットでやり取りしましょう。

質問は論文内に書かれていないことでも可能です。

質問の例:

  • 「この論文の新しい発見は?」
  • 「○○ってなに?」
  • 「(文章を選択して)この箇所を解説して」
  • 「他に参考文献は?」

あらゆることをCopilotで質問できます。

あかのん

ChatGPTなどの生成AIとやり取りする感覚と一緒ですね

選択箇所の翻訳や要約

選択範囲のみ、部分的に要約してもらうことも可能です。

選択箇所の翻訳や要約(実際の画面)

論文内の数式や図表の解説

そして最も嬉しい機能!数式や図表の解説です。

論文内の図表をドラックで選択すると、Copilotがチャットスペースで解説してくれます。

論文内の数式や図表の解説(実際の画面)

実例をご紹介してきます(Premium利用時のCopilot)

Figureの解説例

論文内のFigureをScispace copilotが解説した例

Figureの解説例2

論文内の脳のMRI画像をScispace copilotが解説した例

Tableの解説例

論文内のTableをScispace copilotが解説した例

図解の解説例

論文内の図解をScispace copilotが解説した例

かなり複雑なFigure群もまとめて解説してもらいました

複雑なFigure群の解説例

論文内の複雑なFigureをScispace copilotが解説した例

最後の解説例では、個々の図を選択することでより詳しい解説が得られます。

ご覧の通り、ありとあらゆる図表や数式について解説してくれて、論文の理解にかかる時間がものすごく短縮されます!

あかのん

PremiumプランのCopilotを利用した場合、かなり精度は良いと思います!

パラフレーザー機能

方法:スタートタブの「Paraphraser」タブに英文を入力

論文やメール文(友人or目上の人)などで文章は大きく変わりますが、モードを選択することでAIが英文の用途に合わせた言い方に書き換えてくれます。

Scispapcenのパラフレイザー機能(実際の画面)

パラフレイズのモード:

  • Academic
  • Fluent
  • Formal
  • Creative
    など他にも多数
あかのん

自分で書いた英文が気になるときにパラフレーザーを使ってみてくださいね

パラフレイザー機能だけで、ひとつのツールとして独立しているサービスもありますよね。

あかのん

Scispaceは総合的な研究者のサポートツールとしてお得感がすごい

AI検出機能

方法:サイドカテゴリの「AI Detector」から

AI検出機能(Scispace)

少し利用してみましたが、もしかしかしたら精度はそんなに良くないかもしれません。

あかのん

というのも、お試しに適当なプロンプトから生成AIに書いてもらった文章がAI detection 25%でして…

こちらは今後に期待ということで!

PDFをスライドや動画に自動変換(NEW)

2024/4に新機能が追加されました。

PDFをプレゼン資料やショートムービー(ナレーション付き)に瞬時に変換してくれます。

方法:「ParaphraserCitation Booster」タブにてPDFをアップロード

PDFからスライド資料や動画を瞬時に自動生成

例えば、自分の論文をSNSなどで紹介するときにショートムービーは非常に役に立ちます

ショートムービーの実際の作成例

ぜひクリックして再生してみてください。

たった5分ほどで作成できたムービーです。

プレゼン資料の実際の作成例

次にPDFから自動で作成されたプレゼン資料もご紹介します

こちらもぜひクリックして再生してみてくださいね

あかのん

右の欄にはプレゼン発表用の台本まで自動で作られています

Scispaceの拡張機能

SciSpaceはGoogle Chromeでの拡張機能としても利用できます。

これはすごく便利で、Chromeを利用中に調べたいことなどを

SciSpaceのページを開くことなく、検索窓から直接検索ができます。

SciSpaceのGoogle Chrome拡張機能の実際の例
あかのん

Web閲覧中、そのページを開いたままSciSpaceから欲しい情報を検索できます

SciSpaceのデメリット

今のところ、現行ではSciSpaceほど研究者にとって日常的に役に立る万能ツールはありません。

あかのん

私も超ヘビーユーザーです!

しかし、デメリットを挙げるとしたら以下の通りです。

  • 無料プランのCopilotの性能があまり良くない

無料プランのCopilotの性能があまり良くない

こちらは仕方ないのかもしれませんが、無料と有料では明らかにCopilotの性能に差があります。

比較してみると、プランによる品質の違いは顕著です。

特にFigureの解説においては差が歴然です。

プランの違いによるColipotの品質の比較(Figureの解説)

論文の要約においては無料プランでもそれなりですが、有料プランの方が圧倒的にまとまりが良い要約を返してくれます。

プランの違いによるColipotの品質の比較(要約)

SciSpaceは無料でもさまざまなツールが利用可能なのですが、SciSpaceのメリットを最大限に享受したいなら有料プラン一択ですね。

SciSpaceの利用料金

SciSpaceはほとんどの機能を無料で利用できます。

先ほど有料と無料での性能の違いについては解説しましたが、「とりあえず使い勝手を確認したい」という方は無料プランでひと通りお試しできます。

しかしながら、Copilotの品質の違いを考えると、日常的に使うのであれば有料プランへアップグレードすることをおすすめします。

お得に有料プランを利用する方法は以下の2通りです。

  • 個人で契約する場合はプロモーションコードを利用して月額7.2ドル
  • 11名以上のチームで契約する場合は一人あたり月額7ドル以下
SciSpaceの有料プラン(個人契約かチーム契約か)

チームが10名以下になる場合ではプロモコードを利用することで個人契約の方がお得です。

個人契約する場合の料金

以下が個人契約をする場合の料金プランです。

Scispapcenの料金(個人の場合)

現在、最安で契約できるプロモーションコード

  • 年額プラン:”ACADEMIA”で40%OFF(月額7.2ドル)
  • 月額プラン:”ACADEMIA20”で20%OFF(月額16ドル)

期間限定の割引コードが公式サイトにありますが、こちらのコードが最安値で利用できます。

\”ACADEMIA”入力で40%OFF/

チームで契約する場合

もし2人以上利用したメンバーがいるならば、チームで契約することができます。

あかのん

もし11名以上メンバーが集まるようであれば、個人契約×プロモコード利用(月額換算7.2ドル)より安くなります。

SciSpaceをチームで契約したときの料金

Scispaceの始め方

Scispaceの始め方は非常に簡単です。

SciSpaceの始め方の実際の画面

以下の2通りの方法があります。

  • Googleでログイン
  • アカウント作成
    ・名前
    ・メールアドレス
    ・パスワード
    を入力しサインアップ

Scispaceの有料プランへアップグレードする方法

アップグレードする場合は、スタート画面右上の「Pricing」をクリックすると以下のページに移ります。

SciSpaceののプラン選択(個人で契約か、チームで契約)の実際の画面

以下は個人契約の場合のステップです。

STEP
月額プランか、年額プランかを選択

月額プランより年額プランの方が圧倒的に安いのでおすすめです。

SciSpaceののプランの選択(個人契約の場合)の実際の画面
STEP
プロモーションコード入力

プロモーションコードの欄に「ACADEMIA」と入力すれば、57.6ドルが割引になり、年額で86.4ドルとなります。

SciSpaceのプロモコードと支払い(個人契約の場合)の実際の画面
あかのん

つまり月額7.2ドル。これで最安値で利用できます。

まずは月額プランで試したい方は「ACADEMIA20」で20%オフになります。

\”ACADEMIA”入力で40%OFF/

Scispaceのまとめ

研究者にとっては日常的に非常に便利なScispace

このようにAIを上手く使うことで研究効率を最大化しましょう。

あかのん

まずは無料プランから利用してみてください

検索機能の特徴2 億件以上の論文のメタデータと5,000万件以上のオープンアクセスの全文 PDFへアクセス
疑問に対して信頼できる引用をもとにまとめ情報を提供
検索結果上に各論文へのinsightと論文の結論が提示されており、論文の内容を簡単に把握できる
関連する研究論文を発見できる
読解機能の特徴チャットボット「SciSpace Copilot」を利用して、論文の要約をさせたり、要点を聞いたり、選択範囲の説明をさせたりと、論文読解のサポート力に優れている
論文内の数式や表の解説機能もあり
手持ちの論文(PDFファイル)を読み込み可能
英語の論文に対して日本語で質問&回答をもらうことが可能
記事やPDFをSciSpaceのコレクションに保存でき、いつでも前回の続きを読むことができる
おすすめの利用場面論文検索から読解までマルチに対応できるため日常的的なパートナーとして

\インスタでもまとめてます。ブクマ代わりにフォローがおすすめ/

その他の研究ハック!

研究者・大学院生が使うべき必須ツール32選

他にも研究に便利なAIツールをまとめています。併せてよんでみてくださいね。

圧倒的コスパで英会話スキルを向上!

1研究室に1アカウント必須!引用チェックツール「Scite_」の絶大な効果とは

大量の論文を読み漁る必要があるフェーズの研究者に!論文の抄読数が倍層する科学文献に特化した論文要約ツール「Scisummary

\インスタでおすすめツール32選を紹介しています/

あかのん

最後までお読みいただきありがとうございました。記事更新のお知らせはXやインスタでも行っています。ぜひフォローしてくださいね

Xはこちら→@HAcademianote
インスタはこちら→@academia_note

おすすめ記事

ピックアップバナー(AIで研究効率最大化)
ピックアップバナー(AIで英会話スキルアップ)
ピックアップバナー(研究計画書の成功の秘訣)
ピックアップバナー(博士支援)

アカデミアノートからのおねがい

 下のボタンを使っていただければ、ワンクリックでSNSへ移動できます

記事のシェアやコメント、励みになります
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

クリックで移動