アカデミアを離れて企業研究者として就職するメリットとデメリットを解説。

博士から企業研究者
運営者りつ

こんにちは。運営者の
りつ(@HAcademianote)です。

アカデミアではなかなかポストが見つからない。
この先アカデミアで研究者として続けていくことができるか不安です

アカデミアで研究者として続けていくためには、このような不安定な雇用状況を乗り越えていくしかありません。

任期のないテニュアポストを獲得するまでに、かなりの年月を要することが多いです。

しかしながら、企業研究者として活動する場合、雇用の不安定さと戦う必要はなくなり、安心して研究活動に臨むことができます

アカデミアでの将来に不安を抱えているなら、アカデミアを離れて企業研究者となる選択肢を持っておくことをおすすめします。

でも、企業研究者のイメージがわかないなぁ

この記事では企業研究者となるメリットとデメリットを解説します。

\この記事をおすすめする人/

  • アカデミア研究者としての将来に不安がある方
  • アカデミアから企業研究者として就職を考えている方

早速ですが、企業研究者になるメリットデメリットをまとめると以下のようになります。

これから一項目ずつ解説してきます。

\企業研究者になるメリットとデメリット/

メリットデメリット
経済的安定

研究のエンドポイントが定まりやすい

チーム研究のため孤独感が低い

プライベート時間が作りやすい
そもそもの就活が難しい

研究の優先事項が商品化や特許

研究職から別の部門へ異動になる場合がある


(研究内容が選べない)

こちらの書籍も参考になりますよ。



この記事を書いた人
クリックで移動

博士卒が企業研究者を選ぶメリット

メリット①:経済的安定が得られる

経済的な安定は圧倒的なメリットといえます。

なぜなら、現在ではアカデミアではなかなか定職に就けないからです。

アカデミアに残るか、民間企業に就職するかでかなり雇用形態が違ってきます。

「アカデミア 就職組」で定職に就けたのは約4割しかいない

\画像クリックで拡大/

出典:科学技術・学術政策研究所「「博士人材追跡調査」第1次報告書ー2012年度博士課程修了者コホート」, NISTEP REPORT No. 165, 2015よりCanva Proを用いて運営者が作成


Dr.はたけ

アカデミアの低さ…

アカデミアの雇用の不安定さは以下の記事でも紹介しています。

研究者の任期と雇い止めについて


ポスドク問題(博士の就職状況、年収)




メリット②:研究のエンドポイントが定まりやすい

アカデミアにおける基礎研究は、未知のものに対する絶え間ない探求を続けること。

研究のエンドポイントは定まりにくい傾向があります。

実は研究のこの側面を受け入れられずに、研究から離脱する人が一定数みられます。

(完全な答えを求めようとしてしまう完璧主義者などが当てはまりますね)

これは性格的な向き不向きであるので、勉学的に優秀な人材であろうと関係ありません。

一方、企業研究者として働く大きなメリットは、エンドポイントが定まりやすい点です。

あくまで実用化・商品化という目標に向けて、チームで一気に研究を進めます。

企業研究者の目的は、一刻も早く研究を実用化・商品化することで社会貢献し、自社の収益に繋げること

自身の研究が実用化される達成感を得られやすいことです。

Dr.はたけ

研究の実用化を肌で感じられることは、研究者冥利に尽きますよね





メリット③:チーム研究による孤独感の軽減

企業研究者の場合、ある目的に対してチームで研究を進めます。

このチーム研究のスタイルには向き不向きもありますが、精神的に安定感を得られる人もいます。

アカデミアの研究者はいわば個人事業主。

研究室を持つようになったら会社経営者。

アカデミアでは、研究、仲間作り、研究室の立ち上げ、資金調達、啓蒙活動など、全てにおいて個人の力が大きいです。

Dr.はたけ

孤独感、無力感、劣等感など…ネガティブ思考になりやすいです。

自らガツガツと進めていくタイプでない方は民間企業の方が向いている…かもしれません。




メリット④:プライベート時間が作りやすい

企業研究者はプライベート時間を確保しやすいというメリットもあります。

民間企業では、労働基準法があり、会社としての世間の評価があり、残業時間などは厳しくチェックされます。

Dr.はたけ

もちろん就業後に自宅で論文執筆や勉強をする企業研究者は沢山いると思います。

アカデミアで働く研究者の場合は、プライベートを削り、寝る時間を削り、、、と無理をしがちです。

なぜなら、より多くの時間を研究や論文執筆に費やしたほど業績が生まれますから。

Dr.はたけ

※もちろん仕事効率化のためにはペース配分は重要ですよ

自分がやらなきゃ誰がやるーという状態です。



博士卒が企業研究者を選ぶデメリット

デメリット①:そもそもの就活が難しい

Dr.はたけ

研究しながら就活?!

就活ってめちゃめちゃ時間使いますよね。

(コロナ禍以降はオンラインの面接なども増えているようですが、)一次、二次、面接…何度も平日に呼び出される。

そのための準備や勉強も必要。

実験と両立させるための時間調整も必要。

それを何社繰り返しますか?

Dr.はたけ

時間の余裕がない!!!

特に、博士在学中であれば、博士論文の研究を終えるより前に就活が始まってしまいますよね。


デメリット②:研究の優先事項が商品化や特許になる

アカデミアでの研究は「基礎研究」がメインです。

一方、企業の研究職では、研究より開発に重きが置かれ、基礎研究で得られた新規発見を商品やサービス化するための「開発」がメインになることが多いです。

優先順位は、商品・サービス化 > 特許 > 論文

長期戦を見据えてじっくり取り組む基礎研究とは反対に、短期間で成果を挙げていくスタイルになります。

じっくりと基礎研究に従事したい方には向かないかもしれません。

Dr.はたけ

メリット②「実用化までのプロセスが早い」の裏返しですね



大きな企業研究施設であれば、基礎研究に取り組んでいる場合もあります。



デメリット③:研究職から別の部署に異動になる場合がある

Dr.はたけ

研究部門で採用されたのに、そんなことあるの?

こちら結構深刻なデメリットです。

私の知人でも、製薬会社の研究部門に就職した博士卒が、MR職(営業)に異動になりました。

企業にとって研究部門とは「先行投資」ですから、経営が悪化すれば縮小されやすくなります。

その際に研究職が他部門に異動になるケースは多いようです。

研究者として生涯を終えられない可能性があることは心しておいて下さい。



デメリット④:研究内容が選べない

企業の研究部門の中でも、はじめはどの研究分野に所属するかは上司の判断になります。

その研究にあなたがやりがいを感じるかはわかりません。

製薬業界に勤めた別のある仲間は、入社時は思わぬ部署に入ったと嘆いていました。

ただ、能力が評価されてチームのブレインとして成長するにつれて、状況は変わります。

アカデミアでも自分の研究室を持たないうちは、好きに研究活動が出来ないことが多いですね。

ポスドクは特に。

Dr.はたけ

教授に色々言われるもんな…




まとめ

博士卒が民間企業に就職するメリットとデメリットをまとめました。

私の結論は、悩むくらいなら即行動して、就活してみるべき!

転職エージェントや大学院生専用の就活サイトだったら、研究との両立も可能です。

悩む前に実行あるのみです!

企業研究者への道を検討するにあたり、参考になる書籍です。

自分に合う職業が分からない方へ

自分に合う職業が、意外と自分では分かっていないことが多いです。

性格的に向いていない仕事に就いてしまい、あなたの能力を存分に発揮できずにいることはあなた(と社会)にとって大きな損失です。

現在仕事がうまくいかずに悩んでいる人でも、自分に合った職業(天職)を得たなら、大きな飛躍をする可能性を秘めているのです。

運営者りつ

仕事への向き不向きは本当に大事です!

最近YouTube広告などでもたびたび見かける

このアプリが面白いのは、簡単な価値観テストによってAIがあなたにあった職種や企業(天職)を診断してくれる点です。

価値観を軸にしていることで、あなたの性格に合った職業を選択するための助けになること間違いありません。

Dr.はたけ

たった3分ほどで診断できるのでとても手軽です。

\完全無料、3分で天職診断/

※公式ダウンロードページへ移動します

運営者りつ

最後までお読みいただきありがとうございました。記事更新のお知らせはTwitterで行っています。良かったらフォローしてくださいね(@HAcademianote

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

クリックで移動